なぜ、楽譜の読めない初心者でもたったの30日でギターを弾きこなすことができたのか!?

ギターwiki(アコースティック) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

信号変換や電気増幅を伴わないことから「生ギター」と呼ばれることがある。「アコギ」という略称で呼ばれることも多い。1980年代後半から、(アコースティックピアノや、アコースティックベースなどと同列に)「アンプラグド(unplugged)」という言葉も使われだした。

広義には「クラシックギター」(古くはガット弦、現在一般的にはナイロン弦を張り、元々はクラシックの楽曲を、指弾きで演奏するためのギター。チューニングは一緒だが、後者に比べてボディーがやや小さく、当然ながら、ピックガードはない)も含むが、クラシックでは原則、電子楽器を用いないのでこのジャンル内ではアコースティックという言葉を楽器名に用いることはない。 ポピュラー音楽では「フォークギター」(スチール弦を張り、もともとは、フォークソングや、トラッド、カントリーなどを演奏するのに用いる)とほぼ同義で用いられる。

より一般には、クラシックギターとフォークギターの区別がつかない人も多く、両者の総称として扱われている。

アコースティックギターには、バリトンギターやテナーギターといった特殊な音域をもつものや、12弦ギターを始めとする複弦ギターなどのバリエーションがある。

かつては、クラシックやジャズ、ブルースにも使われていて、19世紀末には、スチール弦を張ったものが製品化されていた。しかしながら、音を電気増幅するエレキギターにとって代わられてきた。

電気増幅楽器が主流となって以降も、アコースティック楽器の音質やそれらを特徴付けたサウンドが回帰的な意味で求められ、各国で幾度かのブームが到来した。近年の日本においては各地でのストリートミュージシャンの台頭が、音楽価値観の多様化からすればブームと呼んでもよい状態といえる。

生ギターの音声を増幅する手段として、かつては、実際の音をマイクで集音し電気増幅していた。次に、エンドピン(ストラップを留めるためにボディーに付いているピン)部分や、サウンドホールに専用ピックアップを取り付け、楽器音を増幅していた。

次の段階で、サウンドホールをゴムなどで完全に塞ぎ、内部にピックアップを取り付けた形態のものも、特殊ではあるが登場した。


早く上達する練習の仕方、最短でギターを弾くための内容をすべてお教えします。

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。アコースティックギターに関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。(※古川忠義先生本人によるメルマガではございません)登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

ギターwiki

当サイトについて